income

income

2012年6月20日

転職や異動をキッカケにしてサラリーマン人生を一気に好転させる方法

僕は社会人になって数年の間、「仕事を一生懸命頑張っていれば、徐々に成果が出せるようになって、上司から認めてもらえるようになり、面白い仕事を任せてもらえるようになる。」という、いかにも世間知らずな考えを持っていました。


今でも仕事には一生懸命取り組んでいますが、明らかに足りていなかった視点に気付てから、僕のサラリーマン人生が一変しました。自分のスキルが必要とされていて、有利なポジションとなれる部署を戦略的に選び、2度の異動を自ら仕掛ける事で責任と権限を得られるようになり、サラリーマンとしての実力が一気に広がるようになったのです。



この『足りていなかった視点』は表現が難しいのですが、社内政治力、ポジション取り、人を動かすチカラ、とでも言えば良いのでしょうか。ちょっと違いますが聞こえの良い表現にしてしまえば、リーダーシップが近い言葉かと思います。わかりやすいので、以下では政治力と書かせて頂きます。


この『政治力』という言葉、あまり良い意味で使われる事がないですが、サラリーマンに限らず社会で生きていくためには、知識や技術と同じか、それ以上に重要な能力です。しかも政治力は自分のためだけではなく、会社の周りの人にもプラスの効果を発揮する事ができます。

政治力とはつまり目標とする状態に向かって関係者を動かす能力ですから、一人で仕事が完結する事がほとんどない我々サラリーマンにとっては最も重要な能力なわけです。もちろん目標を達成するためは、自分がより権限を認めてもらえるポジションになる必要があるので、自分のために政治力を使う事も必要です。


ちなみに政治力がある人というのは、たいてい無意識に自分が良いポジションを得るために社内で政治力を使っていますが、無意識に社内政治力を使っているので人に説明する事もできないですし、自分で政治力を使っている意識もありません。しかも政治力がある事を当たり前だと考えているので、根回し、責任の回避、舞台裏での協議、成功率の低い企画からの離脱、事前調整、裏工作、といった行動ができない人の事を仕事ができない人だと思っているし、そもそも政治力を使えない人の事を理解できません。


政治力がある人が、政治力がない人にアドバイスをしようとすると、「何て言えばいいかわからないけど、できない奴ってのは気配りが足りないんだよな。当たり前の事なんだから、社会人としての基礎を見なおしたほうがいいんじゃないか?」と言い出して、『新社会人のための基礎力30ルール』のような本を政治力がない人に勧めて、政治力がない人はますます混乱する事になります。


そもそも政治力がない人に必要なのは、社内政治の存在と必要性にまず気付くことであって、新社会人向けの本に書かれているような『挨拶をしっかりする。身だしなみを整える。素直になる。』などの項目を読んで「やっぱり基本は大切だよな~」なんて感心しているうちは、サラリーマンとして実力を発揮できるようには到底ならないでしょう。


もし政治力のある人が政治力の必要性に気付いていたとしても、それを他の人に説明する事は『社内政治』という良い印象ではない言葉を使う必要があるので、ほぼ間違いなく別の話題に話をそらすか、そのまま社内政治の話を続けるとして社内政治や政治力という言葉は使いません。匿名のブログのような利害関係がない場所ぐらいでしか書けないです。



こういった滅多に表にでてこない社内政治や政治力の存在に僕がなぜ気が付いたかと言うと、全然活躍できていなかった何人かの会社の先輩や友人が、転職や部署異動をキッカケにサラリーマンとしての実力を開花させる実例を見た事と、自分自身も全く異分野の部署へ自発的に異動し、自らの立場を有利に転換するという経験をしたおかげです。

一度社内政治の存在と政治力の有用性に気が付くと、数年で役員に登り詰めた人がなぜデキる人だと思われて昇進していったのかや、上司の意思決定の思考回路がどんどんとわかるようになります。


全くの逆パターンとして、仕事の経験で無駄になる事など無いと考え、目の前の仕事を超人的な努力で頑張り実力を見につけ、誰にでも好かれる人格者になる事で、周囲の応援を受けて昇進していく人もいますが、まっすぐな努力が開花していくためには多くの運と強力な精神力が必要です。

たいていの人は、こうした超人的な人のマネをしても、実力を身につけたり昇進したりするまでに体力的・精神的な限界が来てしまいます。それでも頑張り続けると病気になったり欝を発症したりします。リスクをとって自分に運と才能がある事に賭ける勇気のある人ならば応援したいと思いますが、普通のサラリーマンはやめておくのがベターです。

やはり普通のサラリーマンは、社内政治の有用性を意識して使っていく事が、サラリーマン人生を好転させるのに一番の近道です。繰り返しになりますが、政治力というのは悪用する事もできますが、基本的には会社や部署といった組織を目指す方向に進めるために使われるもので、自分にも仕事での関係者にも有用な能力なのです。

自分の強みは何で、どんな業界・部署・仕事内容なら最大限の成果を出せて、実際に自分の強みや脳力を求めている権力者は誰か、関係者にはどう動いてもらうのが良いか、そのために必要な下準備、事前調整、根回しがいつ、どのタイミングで必要か、などを考えて動くほうが、まっすぐな努力を続けるよりもはるかに生産性が高いのです。そしてもし今の会社や部署では自分の実力を伸ばす余地が少ないし、成果を出しにくいと考えたならば転職や異動の準備を始める、という判断をすればいいだけです。


こうした政治的な思考や能力は、サラリーマンとして会社の社内政治だけの話ではなく、社会のいたるところで有効です。自分が実力を発揮するためのポジションを得るために転職や異動をするのと同じように、住まいも、食事も、休みの日に何をするかも、たくさんの人と関わる中で、戦略的に考え、兵站の確保を行い、自分の人生の満足度を最大化できるように実行していく事ができます

社会全体やサラリーマン生活は、優しい先生が丁寧に教えてくれる学校ではなく、利害関係者が常に利益の横取りや有利なポジション取りを狙ってくる、ライアーゲームの世界そのものだと思うのです。ライアーゲームの世界で生き残る覚悟を持てば、自然と戦略的な思考が始まり、満足度の高い人生を送れると考えるのは自然なことではないでしょうか。